★★ Aris's Choice ★★

30代兼業主婦。三児の母。私が選んだものを紹介します。

昨日の夜ご飯☆お好み焼きと読み聞かせ絵本「いのちをいただく」

夜ご飯☆お好み焼き

昨日の夜ご飯は、みんな大好き♡

お好み焼きでした\(^o^)/

焼きおにぎりにすると、ご飯も進む!!

安上がりなのに、満腹感ハンパない!!

f:id:ariss7777:20160530181623j:plain

読み聞かせ絵本「いのちをいただく」

勤めている学校の先生に紹介して

いただいた絵本「いのちをいただく」

f:id:ariss7777:20160530181632j:plain

生徒にも読み聞かせしたのですが、

涙ぐむ子も…。私も聞いていた先生も

読み聞かせに来ていただいた

ボランティアの方も涙をこらえるのに

必死でした。

食肉センターで働く坂本さんと坂本さんの

息子。また、その食肉センターに

連れてこられた牛の“みいちゃん”と

“みいちゃん”と一緒に育った女の子と

飼い主のおじいちゃん。それぞれの

気持ちの葛藤に胸が締め付けられる思いに

なります。

そして、“みいちゃん”がお肉になる日。

食肉解体業にたずさわっている方は、

牛や豚を殺すことを「命を解く(とく)」と

言うそうです。

お好み焼きやウィンナーの写真と一緒に

紹介するなんて……と思われる方も

おられるかもしれません。しかし、

あえて、子供にもお肉を食べた日に

この絵本を読み聞かせました。

私たちは、命をいただいて生きている。

食肉センターで働いておられる方の

おかげで、お肉が食べられる。

この絵本を読んで、「かわいそう」

「残酷」なんて、思ってはいけないと

思いました。

ただただ、「感謝」なのです。

子供にも伝わっててほしいなぁ…。

絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)

絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)